Warning: Use of undefined constant list_up - assumed 'list_up' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/cra-shared-01/www/jinbun-db.com/wordpress/wp-content/themes/adh/single-post.php on line 85
1. DBの名称(日本語) 小松左京コーパス
2. DBの名称(英語)Sakyo Komatsu Corpus
3. DBの名称(ひらがな)
4. DB構築責任者氏名及川昭文
5. DB構築責任者氏名(ひらがな)おいかわあきふみ
6. DB構築責任者氏名(ローマ字)OIKAWA, Akifumi
7. 構築責任者の所属機関(日本語)総合研究大学院大学
8. 構築責任者の所属機関(英語)
9. 所属機関の住所神奈川県三浦郡葉山町
10. 構築開始年月
11. 最終更新年月
12. 今後の更新予定の有無未定
13. DB設置場所の北緯35.26102138
14. DB設置場所の東経139.6077561
15. 原資料
16. 原資料の概要(400字以内)
17. テーブル名とデータ項目
データ項目 データ型 データの例
 作品番号   数値 14560
 タイトル   文字 日本沈没 
 本文   文字 日本沈没
目次
 第一章 日本海溝
 第二章 東京
 第三章 政府
 第四章 日本列島
 第五章 沈み行く国
 第六章 日本沈没
エピローグ
第一章 日本海溝
1
  東京駅八重洲[やえす]口構内は、相変わらずひどく混んでいた。ーーエアカーテンをあちこちにつけて、構内全体を冷房していたが、そんなものは、海や山へ出かけて行く若者たちや、お盆前の帰省をいそぐ人たちの、汗だらけの皮膚から発散するじめじめした熱気を、いくらもやわらげはしなかった。
 小野寺俊夫[おのでらとしお]は、顎[あご]のところにしたたる汗を、手の甲でぬぐいながら、口をゆがめてあたりを見まわした。
  梅雨の時は、三月に逆もどりしたかと思われるほど、寒い季候がつづいて、気象庁は冷夏を予報していたのに、梅雨あけ前後から急に猛烈に暑くなりはじめ、このところ連日、三十五度を越す異常な暑さだった。東京、大阪[おおさか]では暑さで病気になるものや、死ぬものさえ出ていた。ーーそれに、例によって、夏の水不足はいっこうに解決されそうにない。
  列車のはいってくる時刻まで、あと七、八分あった。
湯気のたつシチュー鍋みたいに、混みあっている喫茶店にははいる気もせず、小野寺は、ただうろうろと、雑踏をかきわけて歩いた。すれちがうときにふれあう人の体は、どれもこれも、行火[あんか]のようにほてって、汗でべたついている。ーーセミスリーブのサラリーマン、横幅のひろいずんぐりむっくりした体に、一張羅[いっちょうら]のスーツを着て、踵[かかと]のつぶれた靴をはき、でかい荷物をさげて、ヨチヨチ歩いている田舎の中年女、ゆでだこのような上気した顔に気持ちわるいぐらいむくむくもり上がった胸と臀[しり]を、荒い横縞のシャツとひざきりのデニムズボンで暑くるしくつつみ、頭には、はでなリボンをつけたカンカン帽をかぶって、まるい鼻の頭に汗をかいているハイティーンの娘ーー彼女のわきをすりぬけるとき、汗くさい髪のにおいと、猛烈な腋臭[わきが]のにおいがした。
  そういった連中をかきわけながら、おれもきっと、みんなと同じように、べたついてほてった体をして、汗のにおいをプンプンさせてるんだな、ひょっとしたら、汗の中に、ゆうべ眠れぬままにがぶ飲みした、ジンのあまったるい臭気もまじってるんだろうーーそう思って、いささかうんざりしながら歩いていくと、いつのまにか、壁際のウオータークーラーの前に来ていた。ーーするとなんとなく、自分が冷たい水を飲むために、そこへやってきたような気がして、水飲み口の上にかがみこんだ。ペダルをふむと、冷たい水がチョロチョロとふき出した。
18. レコード件数2022
19. データベース管理システム(DBMS)Shunsaku(富士通)をもとにした独自システム
20. 運用形態
  • インターネットから一般公開している。
21. インターネットから公開している場合のURLhttp://aci.soken.ac.jp
22. 年間アクセス件数不明
23. 利用登録者数
24. 利用規程の有無ある
25. 構築のために助成を受けた補助金科学研究費補助金
26. データベースの構築目的
27. データベースの検索・利用方法
28. データベースを活用した研究成果
29. 今後の開発計画・課題
30. DB構築に関する論文・著書(5点以内)
31. DBの活用成果をまとめた論文・著書(5点以内)
32. DBの主題NDC
33. 資源タイプ(NDL)
34. DBサイトに関する変更履歴
35. 最終変更年月日