1. DBの名称(日本語) 震災文庫
2. DBの名称(英語)
3. DBの名称(ひらがな)シンサイブンコ
4. DB構築責任者氏名神戸大学附属図書館
5. DB構築責任者氏名(ひらがな)コウベダイガクフゾクトシヨカン
6. DB構築責任者氏名(ローマ字)
7. 構築責任者の所属機関(日本語)
8. 構築責任者の所属機関(英語)
9. 所属機関の住所
10. 構築開始年月
11. 最終更新年月
12. 今後の更新予定の有無
13. DB設置場所の北緯
14. DB設置場所の東経
15. 原資料
16. 原資料の概要(400字以内)「震災文庫」所蔵資料について詳細なメタデータの提供に加え、著作権者の許諾が得られた一次情報のデジタル公開を行っている。平成15 年より「地図からの検索」機能を導入し、さらに平成20 年にはその機能をGoogleMap を使用したものに変更するなど、システム改良にも努めている。また平成21 年、阪神・淡路大震災記念 人と防災未来センターと提携し、両館の所蔵資料合計約70,000 点が検索できる「震災資料横断検索」を公開した。本アーカイブの構築には、平成11 ~ 15 年度の間、科学研究費補助金研究成果公開促進費( データベース名:阪神・淡路大震災マルチメディア・アーカイブス) の助成を受けた。
17. テーブル名とデータ項目
18. レコード件数
19. データベース管理システム(DBMS)
20. 運用形態インターネットから一般公開している。
21. インターネットから公開している場合のURLhttp://www.lib.kobe-u.ac.jp/eqb/
22. 年間アクセス件数
23. 利用登録者数
24. 利用規程の有無
25. 構築のために助成を受けた補助金
26. データベースの構築目的
27. データベースの検索・利用方法
28. データベースを活用した研究成果
29. 今後の開発計画・課題
30. DB構築に関する論文・著書(5点以内)
31. DBの活用成果をまとめた論文・著書(5点以内)
32. DBの主題NDC
  • 36. 社会
33. 資源タイプ(NDL)
  • 書誌
34. DBサイトに関する変更履歴
35. 最終変更年月日