1. DBの名称(日本語) DB-SPIRE
2. DBの名称(英語)Database for Structure-based Protein Interaction REsearch
3. DBの名称(ひらがな)DBSPIRE
4. DB構築責任者氏名産業技術総合研究所 生命情報工学研究センター
5. DB構築責任者氏名(ひらがな)サンギヨウギジユツソウゴウケンキユウジヨセイメイジヨウホウコウガクケンキユウセンタ
6. DB構築責任者氏名(ローマ字)
7. 構築責任者の所属機関(日本語)
8. 構築責任者の所属機関(英語)
9. 所属機関の住所
10. 構築開始年月
11. 最終更新年月
12. 今後の更新予定の有無
13. DB設置場所の北緯
14. DB設置場所の東経
15. 原資料
16. 原資料の概要(400字以内)実験的または配列解析(ホモロジーサーチとマルチプルアライメント)によって同定されたアミノ酸配列モチーフのタンパク質立体構造における位置を登録したもの。アミノ酸配列モチーフデータベースとして、PROSITEとBLOCKSの2種類を用いた。前者は実験的のみ、後者は実験的および配列解析によるモチーフを登録したデータベース。タンパク質立体構造データベースとしてはPDBを用い、各エントリーにおけるSEQRES行とATOM 行の両方の配列情報から、それぞれモチーフ位置を決めている。PDBのエントリーによっては、配列情報が一致するとは限らないので、どちらか一方だとモチーフ情報を見落とす可能性があるためである。
17. テーブル名とデータ項目
18. レコード件数
19. データベース管理システム(DBMS)
20. 運用形態インターネットから一般公開している。
21. インターネットから公開している場合のURLhttp://mbs.cbrc.jp/DB-SPIRE/index_ja.html
22. 年間アクセス件数
23. 利用登録者数
24. 利用規程の有無
25. 構築のために助成を受けた補助金
26. データベースの構築目的
27. データベースの検索・利用方法
28. データベースを活用した研究成果
29. 今後の開発計画・課題
30. DB構築に関する論文・著書(5点以内)
31. DBの活用成果をまとめた論文・著書(5点以内)
32. DBの主題NDC
  • 46. 生物科学. 一般生物学
33. 資源タイプ(NDL)
  • 文字・文献
34. DBサイトに関する変更履歴
35. 最終変更年月日