以下の要領で第24回公開シンポジウム「人文科学とデータベース」を開催いたしますのでご案内いたします。

開催日時 2019年3月2日(土) 9時50分〜17時20分
会場 静岡大学 浜松キャンパス 共通講義棟 共11教室
〒432-8011 静岡県浜松市中区城北3-5-1
主催 第24回公開シンポジウム「人文科学とデータベース」実行委員会
共催 人文系データベース協議会
静岡大学情報学部
後援 アート・ドキュメンテーション学会
観光情報学会
情報処理学会人文科学とコンピュータ研究会
情報知識学会
地理情報システム学会
日本デジタル・ヒューマニティーズ学会
参加費(論文集代) 2000円
懇親会 18時30分~
(懇親会に参加いただく方は、事務局まで事前に申し込みをお願いします。懇親会費は、一般5500円、学生2500円です。)
連絡先 〒432-8011 静岡県浜松市中区城北3-5-1
静岡大学大学院総合科学技術研究科 杉山岳弘 研究室
E-mail: jinbun-db-info◎sugilab.net (◎を@に変更のうえ送信して下さい)
会場へのアクセス アクセスマップ
浜松駅北口バスターミナルの15番・16番乗り場のバスはすべて静岡大学に停車します。系統番号では40番台になります。早朝深夜以外は10分に1本以上運行されています。

 大会プログラム

09:50-09:55 開会挨拶 人文系データベース協議会議長:川口洋(帝塚山大学)

一般講演1

座長:山田太造(東京大学史料編纂所)

  • 09:55-10:20 石造遺物観光資源化のためのスキーム開発
    上椙英之(国文学研究資料館)
  • 10:20-10:45 「西浦の田楽」の演目映像デジタルアーカイブ化に向けた検討 〜演目に関する複数年代の文献調査から見える課題〜
    彦坂和里(静岡大学創造科学技術大学院/目白大学), 杉山岳弘(静岡大学)

・・・・・・・・・・・・・・休憩(10:45-10:55)・・・・・・・・・・・・・・・・

学生講演

座長:森下淳也(神戸大学)

  • 10:55-11:15 我が国における地理情報の提供の現状及び活用事例について
    小林飛文(静岡大学)
  • 11:15-11:35 GISを用いた災害時の避難所圏域の分析手法
    山本裕貴(静岡大学)
  • 11:35-11:55 観光動態の可視化におけるオープンデータ活用
    高井佑真(静岡大学)
  • 11:55-12:15 交通事故分析におけるデータベースの活用
    小林元気(静岡大学)

・・・・・・・・・・・・・・昼休み(11:40-13:20)・・・・・・・・・・・・・・・・

招待講演

座長:白井靖人

  • 13:15-14:15 日本社会にとって米とは何であったか
    佐藤洋一郎(農学者、京都府立大学 和食文化研究センター 特任教授、総合地球環境学研究所名誉教授)

・・・・・・・・・・・・・・休憩(14:15-14:25)・・・・・・・・・・・・・・・・

一般講演2

座長:田窪直規(近畿大学)

  • 14:25-14:50 上野エリアにおける近代美術工芸界の形成と変遷にかかわる<ひと・もの・こと>のデータベース構築に向けて
    逢坂裕紀子, 潘夢斐(東京大学大学院)
  • 14:50-15:15 学術利用・地域振興を目的とした民話データベース構築:しまねアカデミアでの取り組み
    中分遥(九州大学・University of Oxford), 佐藤浩輔(明治大学), 宍戸俊悟(奥出雲町教育委員会), 松本朝子(松江市地域おこし協力隊), 面坪紀久(島根県古代文化センター), 安藤二香(政策研究大学院大学), Christopher Kavanagh(University of Oxford), 浜崎浩(一般社団法人スクナヒコナ), 岩瀬峰代(島根大学), 小見波泰秀(Matsue-Works), 田原敬一郎(科学コミュニケーション研究所), 高見友理(島根大学), 吉澤剛(オスロ都市大学), 佐藤鮎美(島根大学)

・・・・・・・・・・・・・・休憩(15:15-15:25)・・・・・・・・・・・・・・・・

一般講演3

座長:加藤常員(大阪電気通信大学)

  • 15:25-15:50 持続可能な文化財情報データベースの構築と運用について
    小山田智寛, 二神葉子, 三島大暉(独立行政法人国立文化財機構東京文化財研究所)
  • 15:50-16:15 Manga109データセットに対する擬音語アノテーション
    加藤ななみ(三重大学大学院)

・・・・・・・・・・・・・・休憩(16:15-16:25)・・・・・・・・・・・・・・・・

一般講演4

座長:安岡孝一(京都大学人文科学研究所)

  • 16:25-16:50 『和漢朗詠集』データベースシステム構築を目指して
    山本まり子(日本大学(非常勤講師))
  • 16:50-17:15 言語生活調査の回答データセット
    高田智和, 鑓水兼貴(国立国語研究所)

17:15-17:20 閉会挨拶 実行委員長:杉山岳弘(静岡大学)

18:30 懇親会 「炭と酒 凡猿」


シンポジウム終了後、18:30より懇親会を開きますので、ぜひご参加ください。(会費:一般5500円、学生2500円)