第 25 回公開シンポジウム「人文科学とデータベース」を以下の要領で開催いたします。人文科学や芸術とデータベースに関連する幅広い内容の発表を募集しております。奮ってご応募ください。

【開催日】 2020年2月29日(土)
【会  場】図書館流通センター(TRC)本社(東京都文京区・地下鉄丸ノ内線 茗荷谷駅前)

【主催】 第25回公開シンポジウム「人文科学とデータベース」実行委員会
【共催】人文系データベース協議会、TRC-ADEAC株式会社
【後援】情報知識学会、情報処理学会人文科学とコンピュータ研究会

 


 【開催趣旨】

公開シンポジウム「人文科学とデータベース」では、人文科学・芸術分野におけるデータベースに関連した研究を、基礎から応用・実例まで幅広く扱ってきました。近年の飛躍的な情報・通信技術の発展と社会への浸透に伴って、情報に関わるアプローチが高度化・多様化している中で、人文系データベースは、学術研究にとどまらず実社会においても有用性に対応する必要が高まっています。人文系のデータベースを中心とした研究について、文系・理系を問わず多様な理論・方法・技術・実例、その基礎から応用まで幅広く検討するために、産学官の研究者・技術者・実務家の皆様の日頃の成果を発表いただきたく論文を募集いたします。

皆様の発表と参加をお待ちしております。

【募集論文テーマ】

人文科学・芸術とデータベースに関する以下のような発表を募集します。

  • 人文科学・芸術系データの情報処理に関する研究・実例
  • 人文科学・芸術系データベースの構築に関する企画・研究・実例
  • 人文科学・芸術系データベースの支援ツールや周辺技術に関する研究・実例

【応募期限】

  • 発表申込み締切:20191223日(月)
    論文タイトル・内容のあらまし(400字程度)・氏名・所属・住所・E-mailアドレスを事務局まで
    E-mail(jimukyoku◎trc-adeac.co.jp(◎を@に変更のうえ送信して下さい))でお送り下さい。
  • 発表論文締切: 2020130日(木)
    実行委員会所定の様式(発表申込者に送付)に従って執筆のうえ事務局に送付して下さい。図表込みで6〜8ページ(8ページを超える場合はチャージをいただく場合があります)。
  • 発表時間: 30分(質疑応答を含む) 応募数によって調整する場合があります。
  • 発表言語:日本語または英語

【企業デモ】

製品紹介などのデモを募集します。電源、Wi-Fi環境を会場で提供します。
申し込みは下記、事務局へ直接ご連絡ください。


 【事務局】

〒112-0012 東京都文京区大塚3-1-1
TRC-ADEAC株式会社 森 俊輔
E-mail: jimukyoku◎trc-adeac.co.jp(◎を@に変更のうえ送信して下さい)

TRC-ADEAC株式会社は、デジタルアーカイブシステムADEACを運営しています。ADEACは、2019年2月から「ジャパンサーチ」の連携システムとして試行対象となり、現在に至っています。

【実行委員会】

委員長:田山健二(TRC-ADEAC株式会社)
委員:川口洋(帝塚山大学)、加藤常員(大阪電気通信大学)、森 俊輔(TRC-ADEAC株式会社)、石川徹也(TRC-ADEAC株式会社)